新井見枝香(三省堂書店員)の経歴と学歴とは?年収や結婚して子供はいるかも気になる!【セブンルール】

あなたは新井見枝香さんという人物をご存じでしょうか。

あまり知られてはいませんが、

三省堂の図書店員としては有名で

文芸書とくいしんぼうを担当しています。

今回そんな新井見枝香さんが2018年の1月30日の

火曜日のセブンルールに出演するので、

経歴や学歴から年収などのプライベートなことまで

紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

新井見枝香の経歴とは

出典:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171013004161.html

新井見枝香さんが三省堂の書店員さんになったのは

27歳の時だそうです。

元々はミュージシャンを目指していたようですが、

ミュージシャンを諦めてたまたま三省堂書店有楽町店の

アルバイトの募集を見て、応募したのがきっかけだったそうです。

アルバイト時代から物を売るのが好きだったそうで、

書店員としてのキャリアを積んでいったそうです。

10年前に三省堂書店員なったということですから、

高校や大学も行っていると思われますが、

一般の人でもあるため詳しく公表されていません。

新井見枝香さんはアルバイト時代から頭角を現していたようですが、

正社員になってからはさらに実力を上げて、

作家さんをゲストにツッコんだ内容を聞く

「新井ナイト」というイベントをやったり、

ポップを作る作業をメインにやっているそうです。

そして、本店営業本部に抜栓されてからは

2014年に独自で本を選出する「新井賞」というものを設立しています。

新井見枝香の学歴とは

新井見枝香さんは現在三省堂書店のカリスマ店員として

非常に人気かつ有名ですが、三省堂書店の店員さんになるまでは

先ほども説明したように普通のミュージシャンを目指す女性だったので、

学歴などはわかっていません。

大学に通っているかどうかもわかりません。

しかし、新井見枝香さんはポップ作りが非常に上手く好評なので、

美術系の学校に通っていたり、

なにか絵を描くことを良くしていたのかもしれません。

新井見枝香の年収

新井見枝香さんは三省堂書店の他に連載を持っていたり、

本を出版していたりと活躍しています。

ですが、当たり前ですが公表されていなく

特殊な仕事形態でもあるので判断しづらいといえます。

一般的に大学卒の書店員の給料が

月20万円前後ということから

年収に換算すると240万円。

決して高いお給料とは言えません。

新井見枝香さんは正社員で本店営業本部に

抜栓されていることから400万くらいの

年収はあるのではないでしょうか。

それと連載しているコラムや雑誌で

取り上げられたりする

出演料などの個人の契約も

そこからさらに加算されていきます。

スポンサードリンク

新井見枝香は結婚して子供もいるのか?

新井見枝香さんはあくまで一般の書店員さんであることから

年収などと同じように結婚しているのかや、

子供がいるのかもわかりません。

しかし、年齢的には37歳なので

結婚していて子供がいてもなんらおかしくないと言えます。

非常に忙しい仕事環境なので家庭との両立をしているならば、

かなり過酷なのではないでしょうか。

まとめ

今回は2018年1月30日のセブンルールに出演する

新井見枝香さんを紹介しました。

ポップの製作や自分のコラム、新井賞での本の紹介など

非常に忙しく、変わったお仕事をされているので

面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする