甲斐扶佐義(写真家)が経営する京都の美女が集まるお店(BAR八文字屋)の場所や評判は?【ハートネットTV】

皆さんこんちには!

今回は写真家の甲斐扶佐義さんがハートネットTVで紹介されるということで、甲斐扶佐義さんのプロフィールや経歴、経営しているお店(BAR八文字屋)についても調べてみました!

スポンサードリンク

甲斐扶佐義さんのプロフィール!

出典:http://www.honyarado-kai.com/index.html

生年月日:1949年4月18日

出身地:大分県大分市

高校: 大分県立杵築高等学校 卒業

大学:同志社大学 除籍

11歳のころに鶏舎を襲う動物を撃つために空気銃を持ち歩くのを見た姉が、銃をとりあげ、カメラをプレゼントしてくれたことがきっかけとなり写真を撮り始めたそうです。

どのようなことがきっかけであったとしてもこのような素晴らしい才能が生まれたことがとてもすごいです。

きっかけというのは分からないものですよね。

甲斐扶佐義さんの経歴

11歳の時に写真を撮り始める。

1968年に同志社大学政治学部入学し即除籍。

1972年ほんやら洞開店に貢献する。

1977年写真集「京都出町」出版する。

1978年米国エバーグリーン大学で写真展を開催する。

以降数年間で約20回鴨川べりで写っている人にタダで上げる大規模な写真展開催する。

1985年BAR八文字屋開店する。

都市経済局で商業診断の仕事にも従事し、90年代から約十年京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載する。

2001年より連続的に欧米各地で招待個展開催する。

2015年ほんやら洞全焼でモノクロネガ約200万コマ消失する。

主な写真集

  • 路地裏の京都
  • Beautiful Women in Kyoto
  • 京都の子どもたち
  • 京都猫町ブルース

写真集は40冊以上出版。

主な受賞歴

  • 京都美術文化賞受賞
  • パリ・ボザール展ジャン・ラリヴィエール賞受賞

スポンサードリンク

甲斐扶佐義さんが経営するBAR八文字屋の場所は?

出典:https://mainichi.jp/

住所:604-8015

京都市中京区木屋町通四条上ル鍋屋町209-3 木屋町岡本ビル3F

電話番号:075-256-1731

最寄駅:阪急「河原町駅」、京阪「祇園四条駅」

アルバイトも募集してるみたいなので一様載せておきますね!

条件(委細は甲斐との面談の上で)

  • 八文字屋の雰囲気になじめる女性
  • 汚いのもいとわずクリーンにできること
  • 元気で社交性があること
  • 本好きでアートに関心があればなおOK

画像を見る限り決して店内がきれいとはいいがたいとは思いますが、他にはない雰囲気が感じられそうです。

私はこういう感じ結構好きかもしれません!

このようなお店を自分の隠れ家的なお店とかにしたいですよね~。

1人でゆっくりいけるような。

自分で調べながらとてもいいな~って思っています(笑)

スポンサードリンク

甲斐扶佐義さんが経営するBAR八文字屋の評判は?

私は本当にこのような雰囲気にとても憧れがありますね。

うらやましい~。

さて、評判ですが悪い評判がありませんね。

でも、このような写真からでもわかるような雰囲気が苦手な方もいると思いますので、皆さんが皆好きかは別だと思います。

ほとんどの人が好きだとは思うのですがね。。

あ、でも少しだけ問題点も見つかっちゃいました(笑)

お酒はありそうな雰囲気ですよね。

食べ物があったりなかったりするそうなんです。

食べ物目的なら少しやめておくのがいいかもしれませんね。

お酒を会話をしながら楽しむ感じなんでしょう。

今ではなかなかこのような昔の雰囲気があるお店って少ないですよね。

なので、好きな人は好き!って感じでしょう。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回は、写真家の甲斐扶佐義さんについてや経営するBAR八文字屋について調べてみました。

甲斐扶佐義さんの美女を撮った写真集はBAR八文字屋に訪れた美女たちだけで作成されているそうです!

モデルなどプロの方を土台とせず素人の方を撮るってところがとても素敵です。

もし、自分もとられてみたいって方がいらっしゃれば、BAR八文字屋に訪れれば撮ってもらえるかもしれませんね!

甲斐扶佐義さんがどのタイミングでカメラを手にするのかは分かりませんが、その一瞬のタイミングを逃さなければ写真集に写るかも?

私もこの雰囲気を一度は味わってみたいなって思っているのでいつか行ってみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする