古賀陽子(画家)の経歴や年収、結婚や学歴、作品画像や個展情報も気になる!【初耳学】

皆さんこんちには!

今回は、ゴッホを復元したとして

話題を呼んでいる画家の古賀陽子さんに

ついて見ていきたいと思います!

「ゴッホ~最後の手紙~」という

油絵で書いた映画に日本人で

たった一人参加したのが古賀陽子さんです。

では、見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

古賀陽子さんのwikiプロフィールや経歴

出典:http://www.webdice.jp/

名前:古賀陽子

生年月日:1986年?月?日

出身地:兵庫県西宮市

古賀陽子さんは現在でも兵庫県西宮市を

拠点として国内外で活動中みたいです。

美術を学ぶために海外へ留学して

学んでいた時期もあり、

「ゴッホ~最後の手紙~」にも

携わることができたのでしょう。

留学までの学歴などは

特に見つかりませんでした・・。

2005年~2006年にイギリスにある

現在のUCA芸術大学にて

ファインアート、デザイン、版画など

美術全般の基礎を学ばれました。

そして、2008年~2009年にイタリアの

フィレンツェ国立美術大学にてファインアート、

解剖学を学ばれます。

美術に解剖学???と思いませんか?

ちょっと調べてみると、人体を描く上では

骨格や筋肉を把握していないと書けないようで

解剖学まで学ばれたということでしょう。

「ゴッホ~最後の手紙~」では油絵が動くので

人の動きを解剖学でしっかりと学んでおかないと

書けなのでしょうね!

映画の一部ですが、こんな感じですね~。

これは、解剖学を学ばれるのも納得ですね!

そして、2010年~2013年にイタリアの

現在のFlorence Academy of Russian Art

にて古典的なロシアの技術に基づく油絵、

ドローイング、解剖学、構図を学ばれました。

「ゴッホ~最後の手紙~」では、125人の画家が

携わり、6年間で62450枚の油絵から構成された

映画になっています。

その中で、古賀陽子さんが描いたのは

580枚でみたいです!

そのうち、協会のシーンだけでも

48枚で、たったの4秒間ほどです・・。

携われるだけでもすごいですが、

油絵も映像に変わるとなると面白味も

ありますよね!

2017年11月3日から公開されており

2018年1月28日現在も

公開されているみたいです。

気になった方は是非行ってみてください!

スポンサードリンク

古賀陽子さんは結婚している?

古賀陽子さんの名前で検索すると

美人などの言葉が出てきますね!

確かに美人な方です!

年齢も31歳か32歳だと思われますので

結婚している、もしくは彼氏がいる可能性は

高いかと思いました。

しかし、情報はありませんでしたね。

「ゴッホ~最後の手紙~」の製作期間が

6年間ですから、恋愛の暇もないでしょう。

もし、彼氏がいても海外の方の可能性も

高そうですよね~。

6年間も海外の方と仕事を一緒にすると

そうなりますよね~。

古賀陽子さんの個展情報

出典:https://yokokoga.jimdo.com/

銀座 2018年1月25日~2月3日

場所:創英ギャラリー

東京都中央区銀座6-7-18デイム銀座8階

最寄り駅:東京メトロ 銀座駅 B5・B6出口より徒歩5分

JR 新橋駅、有楽町駅より徒歩10分

営業時間:10:30〜18:30 ※土曜・日曜は17:00まで

休廊日:会期中無休

作家在廊日:1月25日(木)〜28日(日)

京都 2018年2月21日〜3月4日

場所:GALLERY TOMO

京都市中京区下御霊前町633青山ビル1F

最寄り駅:京阪電車 神宮丸太町駅より徒歩5分

地下鉄烏丸線 丸太町駅より徒歩7分

地下鉄東西線 市役所前駅から徒歩7分

営業時間:12:00〜19:00 ※日曜日は17:00まで

休 廊 日:2月26日(月)、2月27日(火)

作家在廊日:2月21日(水)、23日(金)、24日(土)、25日(日)、

3月2日(金)、3日(土)、4日(日)

スポンサードリンク

古賀陽子さんの作品画像

出典:http://top.tsite.jp/

出典:https://yokokoga.jimdo.com/

出典:http://top.tsite.jp/

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回は、ゴッホを復元したとして

話題を呼んでいる画家の古賀陽子さんに

ついて調べてみました!

日本でたった一人携わったと

いうことですので、とても尊敬しますよね!

これからも、世界的な画家として

頑張ってもらいたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする