平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの出場選手、滑走順、日程、結果 まとめ

平昌オリンピック2018の開会式も始まり、

盛り上がりを見せています。

各競技もそれぞれ誰が出場するのかや、

メダルを獲得できるかなどの予想も

ニュースやワイドショーなどで放送されていますね。

今回はそんな中でも平昌オリンピック2018の

スピードスケート女子、1500mの出場選手や滑走順、

日程などを現在2018年2月10日の

朝の段階でわかる範囲で紹介していきます。

スポンサードリンク

スピードスケート女子1500mとは

出典:https://spaia.jp/column/speed_skating/2856

スピードスケートはダブルトラックで滑走します。

ダブルトラックというのは、内側と外側の異なる

スタートレーンから選手がそれぞれスタートし、

バックストレートでレーンを交差することです。

この交差する部分では、

速いスピードで長い距離を滑走している外側からの

レーンのスケーターに優先権があります。

女子の場合は女子500m・1000m・1500m・

3000m・5000mと距離によって別れています。

スピードスケートはタイムを競う競技なため決着もわかりやすく、

素速い加速と力強いトップスピード、駆け引きなどが見どころです。

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの出場選手

それでは平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの

出場選手はどんな人たちなのでしょうか。

まず1人目は菊池彩花さんで30歳であり、

富士急行に所属している選手です。

菊池 彩花さんは2大会連続で出場であり、今回で2度目です。

また1500m以外でも3000mにも出場します。

2人目は高木美帆さんで23歳です。

日本体育大学に所属していて2大会ぶりの2度目の出場になります。

1000m、1500m、3000m、Ms(サブ)と

多くの競技に出場します。

小平奈緒さんは31歳で相沢病院に所属しています。

小平奈緒さんは今回で3大会連続出場の3度目にあたります。

500m、1000m、1500mに出場します。

押切 美沙紀さんは25歳で菊池彩花さん同様

富士急行に所属している選手です。

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの滑走順

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの

滑走順は未だ判明しません。

より試合が近づかない限りは判明しないでしょう。

スポンサードリンク

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの日程

平昌オリンピック2018スピードスケート女子

1500mの日程は以下の通りです。

2月12日(月) 21:30~23:10

日本ではテレビ東京で見れます。

月曜ですが夜の9時半からなので、

仕事終わりに見れるのではないでしょうか。

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの結果

平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの

結果は未だやっていないためわかりません。

しかし、4人も選手が出場することからも一人くらいは

メダルに到達すると嬉しいところです。

ニュースやネットなどでは小平奈緒の金メダルや

高木美帆の活躍に特に注目が集まっています。

中でも小平奈緒はオリンピック前に絶好調だったこともあるので、

そのまま好調に試合に臨めるのではないでしょうか。

まとめ

今回は平昌オリンピック2018スピードスケート女子1500mの

出場選手や日程などを紹介しました。

スピードスケートはそこまでルールがわからなくても

決着がわかりやすいので見てみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする