YouTuber事務所一覧まとめ!事務所別にメリット、意味、仕組み、社員の仕事とは?

今回はYouTubeで活躍する
クリエイターたちが所属して
いる事務所について詳しく
ご紹介していこうと思います。

有名ユーチューバー であれば
必ずと言っていいほどどこかしらの
事務所へ所属しています。

各事務所ごとにメリットや
得意分野も違い、一貫して
同じ活動ができるとは限りません。

どんなメリットがあるのか
まとめてみました♫

スポンサードリンク

事務所に所属する意味、メリットとは?

image

出典:https://www.uuum.jp/

まずは事務所に所属する
意味とともにそれに伴う
役割とメリットから
ご説明いたします。

企業案件を受けやすくなる

YouTubeはもともと自分の
好きな動画を公開し、投稿した
動画をみんなに見てもらったり
自分の思い出用として保存したり
と用途はさまざまありました。

しかし現在はごく一部ですが、
視聴回数による広告収入で生計を
立てることが出来るも人います。

そういった方たちは大体が
事務所に所属しており、自分で
ネタを考えた動画投稿だけでなく、
企業とのタイアップ動画を投稿し
企業側から収入を得ることも
できるようになります。

企業側がユーチューバーを
起用する理由は多々ありますが、
まずは購買意欲の促進でしょう。

YouTubeの利用者層は10代
〜20代が多いことからも、
購買意欲が低迷し続ける若い層に
向けたCM
として、ユーチューバー
とのタイアップに企業は期待して
いるようです。

企業タイアップ動画↓

上記の動画はヒカキンさんが
実際に投稿したサンリオとの
タイアップ動画です。

視聴回数はなんと1300万回
(2018年6月時点)、通常の
広告とは違ってユーチューバーが
ユーザー側の視点で、良い点も
悪い点もある程度正直に伝えて
くれるので、実際興味が無かったこと
でも『買ってみよう』『行ってみよう』
『食べてみよう』
に繋がるわけです。

テレビで活躍する芸能人や
モデルなどがする通常の広告と
どう違うのかと言うと、もっと
身近で信頼できる人が紹介して
いると言うことです。

ユーチューバーは良い意味で
素人たちの集まりです。
実際に会ったことがあるような
印象を与えるクリエイターが多い
のが事実で視聴者側は、友達が
体験して検証したものを勧めて
くれたので自分も試してみた
と言う感覚になるのでしょう。

企業は大きな広告塔になって
もらうことで、ユーチューバーは
企業から収入を得られることで、
win-winな関係を築けているのです!

スポンサードリンク

イベント出演やグッズの販売ができる

image

出典:https://www.uuum.jp/

上記のように企業案件で収入を
得るよりグッズ販売で収入を得る
方が断然楽ですし、本当にアイドル
みたいな存在になれた気がしますよね。

そのためには一定数のファンが
いなければなりませんがそういった
サポートが受けられるのも事務所に
所属するメリットの一つです。

最近ではイベントを開催する
ユーチューバーも増えてきています。
歌が得意なユーチューバーであれば
ライブスタジオで音楽イベントを開催
したり、トークイベントを開催して
集客している方もいます。

当然ですが、駆け出しのユーチューバー
がイベントを開催したり、稼いだりする
のは難しいのが現状です。

有名ユーチューバーが行う
イベントの多くは、所属する
事務所のマネジメントで行わ
れる場合がほとんどです。

プライベートが守られる

人気ユーチューバーになると、
視聴者からファンレターや
プレゼントを送りたいという
要望が多くでてきます。

しかし個人的に活動していると
自宅の住所を公開するわけにも
いかないですし、受取り用に
バーチャルオフィスなど借りたりと
けっこう面倒なのです。

しかし事務所に所属していると
その事務所宛てに送ってもらう
ことができるので大変便利ですし、
個人情報も守ってもらえるので安心です。

とても驚きなのですが、事務所に
所属しているユーチューバーには
きちんとマネージャーも付いて
くれるんですよ。

スポンサードリンク

事務所はどうやって成り立っているのか、その仕組みは?

事務所が収益を得ている方法は
主に、動画広告が再生されること
による収益
企業タイアップに
よる収益
のこの二つです。

動画広告による収益は、
YouTubeで動画が開始される
前や途中にCMのように再生
される広告のことです。

5秒でスキップできる広告や
それができない短い広告が
あったり、あとはPCで視聴
しているとCM動画でなく動画の
下部に字幕で表示される広告が
あったりします。

これらは全てYouTubeからの
収入です。動画広告を出したい
企業がYouTubeにお金を支払って
動画内で広告を再生してもらいます。

YouTube側は手数料を受け取り、
広告が再生された動画のクリエイターに
お金を支払います。

事務所に所属していなければ
YouTubeから支払われる収入
まるまるがクリエイターのもの
になりますが、事務所に所属している
場合は一旦事務所にお金が入ります。

その後、事務所が手数料を引いて、
ユーチューバーの収入となるわけです
ここで引いた手数料が、事務所の
収入となります。

タイアップによる収益は先ほど説明した
通り、企業がユーチューバーにCM動画
を依頼して商品を紹介してもらう方法です。

前者のようにYouTube本体から
手数料が引かれることがないので、
動画広告よりも高い収益が得られます。

ただし企業と直接交渉する面倒や
リスクが発生します。そのような
手間のかかる交渉を事務所が代行する
ことで、手数料が事務所の収入になります。

ユーチューバーが動画制作に専念
できるよう事務所がお手伝いして、
その代わりに手数料を貰うといった
仕組みになっています。

ちょっと長くなりましたが、
分かりやすかったでしょう?!
要するにクリエイターあっての
事務所であり、事務所あっての
クリエイターってことです。

事務所別の特徴をご紹介!

今現在、大小さまざまでは
ありますがユーチューバーの
事務所がいくつかあります。

ここでほんの一部ではありますが
各事務所の特徴の紹介と、その
事務所へ所属している主な
クリエイターをご紹介いたします。

UUUM

関連画像

出典:https://www.uuum.jp/

まずは超最大手、UUUM株式会社

その知名度は抜群でここに
所属するのを目標にしている
ユーチューバーも多いのでは
ないでしょうか。

最高顧問にはあの「ヒカキンさん」
がおり、他にも「ジェットダイスケさん」
や作家の「鈴木おさむさん」が顧問に
就任しています。

事務所全体のイベントも
数多く行なっておりその中でも
U-FES(ユーフェス)という
所属クリエイターが一同に
集まるお祭りのようなものは
毎回チケットが完売するほどの
大イベントです。

動画はこちら↓

UUUMにはもう一つUUUM
ネットワークという
ユーチューバー養成所の
ようなものがありますが
これから紹介するクリエイター
たちはネットワーク以外の方々です。

・HIKAKIN

・はじめしゃちょー

・SEIKIN

・東海オンエア

・瀬戸弘司

・Masuo

・水溜りボンド

・おるたなチャンネル

etc・・・

スポンサードリンク

kiii

出典:https://kiii.co.jp/

こちらの事務所は2017年に
設立したばかりの新しい事務所です。

所属しているクリエイターは
決して多くはないですが色濃い
メンバーとなっております。

・ブライアン

・しばなん

・きまぐれクック

・渥美拓馬

まだまだ新しい事務所ですので
これから新たに所属される
クリエイターさんにも期待ですね。

GENESISONE

「ジェネシスワン」の画像検索結果

出典:http://genesisone.jp/

こちらの事務所は他の事務所と
違って動画クリエイター専門でなく
スポーツ選手のマネジメントや
音楽活動にも力を入れているようです。

・マホト

・サグワ

・カイト

特に音楽活動における方面には
とても強いようなので、歌手デビュー
などを目指す方にはオススメの事務所です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

各事務所の特徴ごとに
クリエイターさんもさまざまです。

自分の好きそうな分野で
クリエイターさんを探すのも
楽しいですよね♫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする