皆さんこんちには!

今回は、最近テレビでよく見かける言葉について少し気になっていたので書いてみようと思います。

気になっているのが「一線を越えていない」です。

何か問題があれば「一線は越えていません」といわれますよね・・。

記者からも「一線は越えていないんですか?」という質問もよく見ます・・。

ん~それってどうなんでしょう・・。

では、見ていきましょう!

スポンサードリンク

一線は越えていない。だからなに?

出典:http://conversation.tokyo/

私が一番初めに思ったのがこれなんですよね。

「一線を越えていないです」といわれても、問題になっている事実は変わりませんし、越えていないからセーフってことなの?って感じです。

記者からの質問で答えざるを得ない場合もありますが、質問する記者も記者だと思うんです。

そこを知ってどうなるの?って思いますね。

まあ、世の中の人で気になる人は気になるところなんでしょうか。

一線ってどこから?

今回例に挙げていこうと思うのが今井絵理子議員と橋本健議員の不倫報道。

最近一番この方たちで使われた言葉ですし、分かりやすいのかなって思います。

大体の方が思われるのが肉体関係があるかないかということでしょうか。

しかし、そのほかにも少し考えられそうなものもあります。

  • キスはしていない。
  • 男女らしいことはしていない。
  • 避妊活動はしているので問題ない。

こんなところでしょうか。

まあ、この二人は新幹線内で手を繋いでの写真がとられていますので一線を越えていないとも言えない感じもしますけどね。

一線を越えていないは流行語大賞?

これだけテレビで使われる言葉になりましたからもしかしたら流行語大賞になるのではないでしょうか。

よく使われるのが不倫問題ですよね。

最近では、先ほどの二人の議員の不倫問題から始まり、宮迫博之さんや斎藤由貴さんなどこの言葉がテレビで見ない週はないほど流れていますね。

今年の流行語ランキングなども調査されてなんと5位と上位に位置しています。

流行語になる可能性はかなり高いとみてよいでしょう。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回は、「一線を越えていない」という言葉に少し気になった部分がありましたので、書いてきました。

皆さんも思うところがあると思いますがこれも一つの参考にしてください。

これからのテレビではあまりこの言葉が使われないことが理想だなっておもいますね~。