皆さんこんちには!

今回はエレファントカシマシの宮本浩次さんと爆笑問題の太田光さんがデビュー30年スペシャル対談をされるということで、二人の関係性などどのようなところにあるのか見ていこうと思います!

番組は25分という短い間ですが、実際は2時間も話したそうですね。デビュー時期が同じ二人なのですが一体どのような会話がなされていたのか気になります。

エレファントカシマシのプロフィール!

宮本浩次(ヴォーカル・ギター)

出典:https://mantan-web.jp/

生年月日:1966年6月12日

出身地:東京都

血液型:O型

 

石森敏行(ギター)

出典:https://ameblo.jp/eleyukarin/

生年月日:1967年3月18日

出身地:東京都

血液型:O型

 

高緑成治(ベース)

出典:https://ameblo.jp/eleyukarin/

生年月日:1966年4月15日

出身地:東京都

血液型:B型

 

冨永義之(ドラムス)

出典:http://ameblo.jp/eleyukarin/

生年月日:1966年4月14日

出身地:東京都

血液型:B型

 

1981年に北区立赤羽台中学校1年6組の石森と冨永を中心とする中学の同級生で結成され、中学3年時に宮本が加入した。

1986年に冨永の高校時代の同級生だった高緑が加入して、現在のメンバーとなる。

1986年にCBS/SONY SDオーディションに入賞。

1987年に「世紀末法の六苦経Tour」など十数本のライブを経て、双啓舎と契約しEPIC/SONYとレコード契約をした。

1988年3月21日にシングル「デーデ」、アルバム「エレファントカシマシ」でデビューし、以後ほぼ1年に1枚のペースで7枚のアルバムを発表した。

1994年に7thアルバム「東京の空」発売後、EPIC/SONYとの契約を切られ、その後、所属事務所の双啓舎も解散した。

1995年にFAITH A&Rと契約し、ポニーキャニオンとレコード契約した。

1996年4月19日にシングル「悲しみの果て/四月の風」で再デビューして、以後、「ココロに花を」「明日に向かって走れ」「愛と夢」の3枚のアルバムを発表する。

1999年ポニーキャニオンから東芝EMIへ移籍した。

2002年に所属事務所を含むFAITHグループ倒産し、業務はそのまま別会社に移管された。

2007年に東芝EMIからユニバーサル・ミュージックへ移籍する。

正直中学生の頃にグループを結成する行動力がすばらしいですよね。

新しいことをチャレンジするのって大人になってからでも勇気がいるものです。

中学生のころから、なりたい目標に向かって突き進んだ結果が今のエレファントカシマシなんでしょう。

スポンサードリンク

爆笑問題のプロフィール!

 

太田光(ボケ)

出典:http://www.oricon.co.jp/

生年月日:1965年5月13日

出身地:埼玉県

血液型:O型

学歴:日大芸術学部演劇科中退

 

田中裕二(ツッコミ)

出典:http://www.oricon.co.jp/

生年月日:1965年1月10日

出身地:東京都

血液型:B型

学歴:日大芸術学部演劇科中退

二人は日本大学芸術学部演劇学科の在学中に出会って、中退後の1988年3月にコンビを結成した。

今ではとても知名度の高い爆笑問題ですが、1990年に太田プロから独立した後の苦労はすごいものです。

お二人ともアルバイトの日々と太田さんは借金取りから逃げるような日々を送っていたそうですね。

しかし、少しはテレビの仕事(俳優業など)やお笑い活動では営業として数多くの予餞会でネタを披露していたそうです。

また自称「日本一予餞会に出た芸人」といっていたそうですね。

太田プロ独立から3年後に芸能事務所タイタンを設立し、そこから数々の賞をとることになる。

正直私はほとんど爆笑問題のネタを見たことがありませんが、テレビ番組ではよくみかけます。

そこで見ていると独特な発想を持っていて、とてもセンスが素晴らし方々なんだろうなと感心してみていることが多いです。

宮本浩次さんと太田光さんの関係性は?

1988年の同時期にデビューしたエレファントカシマシ宮本浩次さんと爆笑問題太田光さんの関係性などを見ていきたいと思います。

調べてみても二人の関係性が書いてある情報はありませんでしたが、太田さんは大のエレファントカシマシのファンだということは分かっていますね。

また、ついこの間ラジオでも話をしているそうです。

その時は爆笑問題の田中さんも一緒だったみたいですが、今回は1対1でのトークです。

どんなに大物でも下積み時代というものがありますね。

その時の苦労の様子などから二人の接点が見つかるかもしれません。

正直、どちらも今では誰でも知っているような大物です。

惜しいのはこの番組が25分で2時間も行っている対談がかなり削減されてしまっているということです。

また、エレファントカシマシは3曲「ファイティングマン」「今宵の月のように」「風と共に」を披露されるそうですね。

この時間も考えると対談はとても少なそうです。

でも、必ず貴重な映像が残ることは間違いないのでいろいろと期待しながらみたいですね!

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回はエレファントカシマシ宮本浩次さんと爆笑問題太田光さんがSONGSで対談をされるということで、エレファントカシマシと爆笑問題についてみてきました。

番組では、面白い会話がたくさん飛び交うことが予想されますので、是非みたいですね!