佐藤亮子さんは3人の息子と1人の娘を4人とも全員、

東大理Ⅲに合格させた有名な母親です。

子供全員を東大医学部に合格させたことから、

テレビなどでも取り上げられており、

佐藤亮子さんの子育て方法を教えてくれる

教育本も発売されています。

専業主婦でありながら、本の執筆にテレビの出演など

見た事がある人も多いのではないでしょうか。

主にテレビでは教育活動家として、

フジテレビの「バイキング」などに出演しています。

そんな佐藤亮子さんに育てられた4人の子供たちは

何をしているのでしょうか。

今回は東大理Ⅲに合格した佐藤亮子さんの子供たちの

それぞれのプロフィールや現在を紹介していきます。

スポンサードリンク

佐藤亮子の息子の現在!!東大理科Ⅲ類に合格した先の職業とは

出典:https://matome.naver.jp/

子供全員を東大理科Ⅲ類に合格させた

佐藤亮子さんの子供は全員で4人います。

構成は男の子が3人に女の子が1人。

では現在は何をしているのでしょうか。

佐藤亮子さんの長男は1991年生まれなので、

2018年の現在では26歳です。

そんな長男は2歳の時から公文に入塾しており、

勉強に励んでいます。

さらに3歳からバイオリンを習い始めて、

4歳からスイミングを習い始めるなど

幼いころから習い事を多くしています。

長男の性格は冷静で堅実だそうで、

弟や妹からも頼りにされている存在です。

佐藤亮子さんの長男は東大受験において

一度東大理Ⅲには落ちてしまっていて、

その後浪人を経て東大理Ⅲを受かっています。

ちなみに、現役の時に東大理Ⅲは落ちてはいますが、

東大理Ⅰには受かっています。

それでも浪人して、さらに受験を続けるところが

スゴイと言えます。

現在は社会人だと思われますが、一般の人なので、

職業など詳しくは公開されていません。

佐藤亮子さんの次男は1993年生まれなので、

2018年の現在は24歳です。長男とは年子です。

次男も長男と同じように2歳から公文に入塾し始めており、

3歳にバイオリンを開始、そして4歳でスイミングを開始しています。

おそらく母親の教育法の一環として、

小さい頃から習い事をさせると決められているのでしょう。

その後、灘中学校に合格し2011年には

東大理科Ⅲ類に合格しています。

次男の時にはすでに教育法などは

確立されていたことからも、次男は

東大理科Ⅲ類に現役合格しています。

その後、東京大学で野球同好会に所属していますが、

現在の職業は長男と同じように公開されていません。

佐藤亮子さんの三男は1995年生まれの現在、22歳です。

兄たちと同じように1歳から2歳くらいには公文に入塾し始め、

そして3歳あたりからバイオリンを開始しています。

スイミングも3歳から始めるなど、若干他の兄たちよりも

習い事を始めるペースが速いと言えるでしょう。

そして2007年には灘中学校に合格し、

そのまま2013年に東大理科Ⅲ類に現役で合格しています。

性格はマイペースでこだわる性格だそうです。

現在は22歳ということから今年大学を卒業すると思われますが、

その後の就職先などは公開されていません。

スポンサードリンク

佐藤亮子の娘の現在とは

佐藤亮子さん家は娘さんが人襟います兄弟の中で

も一番の末っ子であり、長女に当たります。

そんな娘さんは1998年生まれの現在は19歳です。

三男の4歳年下にあたり、他の兄たち同様

幼いころから公文に入塾し、

バイオリンとスイミングを習っています。

そして、その後は洛南高等学校附属中学校に入学し、

そのまま洛南高等学校卒業して東京理Ⅲに現役合格しました。

現在はちょうど東大生として勉強しています。

佐藤亮子の東大理Ⅲに合格させた勉強法とは

子供たち4人全員を東大の中でも最も難しいと言われている

東大理Ⅲに合格させた勉強法とはなんなのでしょうか。

いくつか有名なもので言えば、勉強は自分の部屋ではなく

リビング出させるというものです。

その理由としては食事と勉強の距離を持たせずに

効率的に進めるためだそうです。

一見集中力が途切れてしまいそうですが、

テレビなどもほとんど見ないような家系だそうで、

完全に家が受験のための集中しやすい作りとなっています。

また、部屋にこもらせないことで、

佐藤亮子さんの教えをすぐに受けられたり、

注意できるからと言われています。

まとめ

かなり勉強に関しては厳しく賛否両論ある佐藤亮子さんですが、

子供たち全員をほとんど現役で東大理Ⅲに

合格させると言うのは偉業と言えるでしょう。

全てを真似すると言うのはなかなか難しいですが、

佐藤亮子さんの勉強法を真似することで、

少しでも子供の勉強が進歩するのではないでしょうか。