皆さんこんちには!

今回は、現在世界遺産候補に推薦される百舌鳥・古市古墳群についてみていきたいと思います!

世界遺産候補と言われても正直なところどこにあるかも分からないし、どんなものなのかもわからないです・・。

そこで、それらについて調べてみましたので見ていきましょう!

スポンサードリンク

百舌鳥・古市古墳群とは?

出典:http://www.city.sakai.lg.jp/index.html

では、百舌鳥・古市古墳群とはどんなところなのかみていきたいと思います!

百舌鳥古墳群と古市古墳群の二つの古墳群のことです。

まず百舌鳥古墳群についてです。

大阪府堺市内の東西・南北約4キロメートルの範囲に広がる古墳群です。

古墳時代、この一帯には100基を超える古墳が造らていたそうです。

しかし、都市化により多くがなくなり現在は44基しか残っていません。

半壊状態も含め44基で、17基が国の史跡に指定されています。

このほかに宮内庁によって3基が天皇陵に、2基が陵墓参考地に、18基が陵墓陪冢に治定されています。

中には世界最大級の墳墓・仁徳天皇陵古墳をはじめとする巨大前方後円墳などが含まれていて、貴重な日本の遺産です。

次に古市古墳群についてです。

大阪府藤井寺市から羽曳野市にかけて、東西・南北約4キロメートルの範囲に広がる古墳群です。

墳丘長400メートルを超える巨大な前方後円墳の応神天皇陵古墳から、一辺10メートルに満たない小型方墳まで120基を超える様々な墳形と規模の古墳からなるそうですね。

20基が国の史跡に指定され、27基が宮内庁により天皇陵(8基)・皇后陵(2基)・皇族墓(1基)・陵墓参考地(1基)・陵墓陪冢(15基)に治定されている。

どちらもたくさんの古墳からなる古墳群だということが分かりますね。

実際に古墳というものを見たことがないので想像がつかないのですが、一日ですべてを見るのはちょっとしんどそうですね。

百舌鳥・古市古墳群の場所はどこ?

 

では、この古墳群の場所はどこになるのでしょうか。

百舌鳥古墳群

出典:http://www.bell.jp/pancho/kasihara_diary/2006_03_20.htm

百舌鳥古墳群のなかでも一番大きいい仁徳天皇陵古墳のアクセス方法をのせておきます。

  • JR阪和線「百舌鳥駅」から西へ500m
  • 南海バス田園線「堺市博物館前」下車すぐ
  • 自動車の場合:西名阪自動車道「藤井寺出口」から南へ約5分(市立古市駅西駐車場・有料)

古市古墳群

出典:http://www.mozu-furuichi.jp/jp/

古市古墳群の応神天皇陵古墳へのアクセス方法をのせておきます!

  • 近鉄南大阪線「土師ノ里駅」から南西約1500m(拝所側)
  • 近鉄南大阪線「古市駅」から北西約700m(誉田八幡宮側)
  • 自動車の場合:西名阪自動車道「藤井寺出口」から南へ約5分(市立古市駅西駐車場・有料)

スポンサードリンク

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回は、世界遺産候補として推薦される百舌鳥・古市古墳群についてみてきました。

是非世界遺産として登録されるといいですね!

また一つ日本に世界遺産が増えるのはとても光栄なことですね!

今までにも何度か世界遺産として登録されるような試みがあったそうですがやっと推薦候補として選ばれたみたいですね!

私たちも協力できるところは協力していきましょう!