ガッチマンアイキャッチ
出典元:https://twitter.com/Gatchman666
スポンサードリンク

人気ゲーム実況者の
「ガッチマン」さんを
ご存知でしょうか?

 

ホラーゲームをメインで
実況されている方なのですが、
その独特な実況スタイルから、
解説実況プレイの元祖とも呼ばれています。

 

また、現在では顔出しもされていて
ゲーム実況者としてイベントにも頻繁に
出演されていることから、
ゲーム実況者の顔にもなりつつあります。

 

今回はそんな日本を代表するゲーム実況者である
ガッチマンさんについての記事を書きましたので
ご覧ください!

スポンサードリンク

ガッチマンのプロフィール


出典:http://www.capcom.co.jp/bioUC//jp/sp/news/05.html

本名:不明(非公開)
生年月日:1978年6月6日(41歳)
血液型:A型
出身地:埼玉県
所属事務所:インフォ・スパイシー
YouTubeチャンネル:あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている

 

ガッチマンさんですが名前の由来としては、
中学生の時のエピソードに起因しています。

 

放送委員会に入っていたガッチマンさんが、
卒業式の予行演習の際に入場曲に
「ガッチャマン」というアニメの主題歌を
使おうとしたことでガッチャマンという
ニックネームが付けられ、
それが短縮されて「ガッチマン」となりました。

 

因みにガッチャマンの曲はこちらです。

 

もしふざけたわけではなく素でこの曲を
使おうとしたのだとしたら、
かなりギャグセンスが高いと思います(笑)

 

ガッチマンさんは年齢が41歳(2019年10月現在)と、
ゲーム実況者の中では
比較的ベテランの実況者になります。

 

その為、特に同年代のゲーム好きの
人からの支持は大きいようです。

 

またガッチマンさんは既に結婚されていて
家庭を持っています。

 

そしてなんと
家族全体でゲーム実況もされているそうです。

 

奥さんは「トラちん」さんという名前で、
娘は「茜」ちゃんという名前です。

 

家族公認でゲーム実況をできるのは
恵まれた環境にいるように思えますね。

 

妻子持ちでゲーム実況で生計を立てている
ゲーム実況者は稀有な例なので、
その点でもガッチマンさんがゲーム実況者の
代表格となっている所以でもあります。

 

因みにガッチマンさんの本名は
ゲーム実況を始められてからずっと
非公表のままですが、
友人の結婚式に呼ばれた際も
本名ではなくガッチマンという
名前で招待されたという逸話が残っています。

 

それだけガッチマンさんの友達の間でも
ガッチマンというニックネームの
インパクトが残っているのでしょう。

 

ただ逆に言えば中学校の同級生はガッチマンさんの
顔も本名もわかっているはずなので、
いずれリークされて本名が明るみになることも
あるかもしれませんね。

ガッチマンの動画紹介

ガッチマンさんは元々はニコニコ動画で
動画投稿を始められましたが、
今ではYouTubeでも動画投稿されています。

 

YouTubeのチャンネル登録者数は
2019年10月現在で106万人を超えているので、
やはり名実ともに日本を代表する
ゲーム実況者と言えるでしょう。

 

それではガッチマンさんの代表的なゲーム実況作品を
紹介していきたいと思います。

【解説実況】SIREN(サイレン)をさくさく進めますVol:1

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

こちらは「SIREN(サイレン)」という
ホラーゲームになります。

 

プレイステーション2のゲームですが、
ジャパニーズホラーと称されるゲームです。

 

このゲーム実況はガッチマンさんが
解説実況プレイヤーと呼ばれることになった
原点でもある動画です。

 

ホラーゲームを実況する人は、大抵は
恐怖シーンで派手なリアクションを
することで視聴者を楽しませる動画が
多いですが、ガッチマンさんの場合は
終始落ち着いた口調で実況しております。

 

この落ち着いていられる理由は、
実はガッチマンさんが実況するゲームは、
クリア済みのゲームを実況されています。

 

つまり初見でのゲーム実況ではないので、
恐怖シーンが予めわかっているのです。

 

その為終始落ち着いて冷静にゲーム実況
することができています。

 

この実況スタイルはホラーゲームが苦手な人でも
ガッチマンさんの落ち着いた声を聞きながらなら
視聴することができるということで、
なかなかに需要が高いようです。

 

それでは次の動画を紹介します。

【実況】P.T.(サイレントヒル)がめっちゃ怖かった

 

こちらは「P.T.(サイレントヒル)」という
ホラーゲームになります。

実はこのゲーム、
今現在ゲームを購入することが不可能な
ゲームであります。

 

その理由は元々はダウンロード限定の
体験版のゲームで製品版の開発が途中で
中止になったことにより、体験版の配信も
終了されてしまったことが理由です。

 

このようにガッチマンさんは
希少性の高いホラーゲームも実況してくれるので、
メジャーなホラーゲーム以外も楽しむことが
できるのが特徴の一つとして挙げられます。

 

特にマイナーなホラーゲームの場合、
予測不可能な恐怖が待ち構えている
かもしれないので、
初見でプレイしようとすると
度胸が必要になりますからね。

 

その点ガッチマンさんの冷静で落ち着いた
解説実況を見て予習することで、
自分でプレイする際も緊張せずに
ゲームをプレイすることができるので、
やはり需要は高いと思います。

 

因みにこちらの動画はガッチマンさんの
実況動画の中で最も再生回数が高く、
250万回を超えています。

 

体験版の実況動画で250万回超えというのは
ある意味驚異的な記録であると言えますね。

 

またガッチマンさんの動画の中では珍しく
初見でのゲーム実況なようです。

 

その為、普段はほとんど驚くことのない
ガッチマンさんの驚きのリアクションを見れる
貴重な動画とも言えそうです(笑)

スポンサードリンク

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

 

繰り返しになりますが、
ガッチマンさんは日本を代表する
ゲーム実況者です。

 

今後日本でもゲーム実況者という職業が徐々に
確立されて行くことになると思いますが、
ガッチマンさんはゲーム実況で生計を立てている
パイオニアとして、今後もその生き方には
注目が集まっていくことでしょう。

 

ゲーム実況で家族を養えているのは
純粋に羨ましくもありますね。

 

自分でもゲーム実況をやってみようかな、
と思われた方はこちらの記事もご覧ください。

 

ここまでご覧いただき
ありがとうございました!

スポンサードリンク